ピルといえばトリキュラー

低用量ピルにもたくさんの種類がありますが、その中でも有名なのがこのトリキュラーです。なぜ有名になり売れているのかを載せていきますのでどうぞ参考になさってみてください。

トリキュラーは三相性と呼ばれる仕組みのピル

ピル(経口避妊薬)には、黄体ホルモンであるプロゲストーゲンと卵胞ホルモンであるエストロゲンを配合した薬剤であり、卵胞ホルモンの含有量によって3種類に分類されています。
高容量ピルは、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム以上、中容量ピル50マイクログラム、低用量ピルは50マイクログラム以下と決められており、女性ホルモンを過剰に摂取する中高用量ピルは嘔吐や頭痛などの副作用症状が多く見られた為に、現在では低用量ピルが主流となっていますが、更に女性ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルもあります。
低用量ピルは、各ホルモンの配合比率により第一世代から第三世代の3種に分類され、日本国内で最も利用されているトリキュラーは第二世代の経口避妊薬です。
トリキュラーは、生理直後の卵胞ホルモン分泌が盛んな卵胞期、黄体ホルモンの分泌と共に排卵が起こる排卵期、黄体ホルモンが多く不安定な黄体期に合わせて三段階で黄体ホルモンと卵胞ホルモンの用量を変えていく三相性と呼ばれる仕組みのピルであり、生理(月経)の開始と共に服用を開始し、生理の周期に合わせて飲み続けます。
トリキュラーは、3つの女体の仕組みを利用して避妊しています。
一つ目の仕組みは、トリキュラーで女性ホルモンを摂取する事で卵巣へのホルモン分泌抑制し、卵胞の発育を阻害します。その為、卵子が排出されなくなり、卵管内での受精確率を下げています。
二つ目の仕組みは、子宮頸管から分泌される子宮頚管粘液の性状を薬効により子宮の入口を狭め、精子が侵入しにくい状態にして避妊効果をあげています。
3つ目の仕組みは、月経周期で変化する子宮内膜の厚さを調整して受精卵の着床を抑制し、避妊効果を高めています。